名参謀・名軍師の誉れ高い黒田官兵衛のあゆみを知る

 黒田官兵衛とは

豊臣秀吉の名参謀として活躍したキリシタン大名・黒田孝高(よしたか)は、通称である官兵衛(かんべえ)や、出家後の如水(じょすい)の名でも知られた戦国武将。
妻は生涯一人だけ、茶の湯や歌に秀でた文化人でありながら、負け知らずの戦を率いた軍師でした。
彼がいなければ秀吉は天下統一を達成できなかったとも言われています。見極めの才覚が導き出した官兵衛の数々の決断と、そのあゆみを紐解いていきましょう。

官兵衛のルーツはどこ?

 官兵衛が生まれた時代

官兵衛が生まれたのは天文15年(1546年)。戦国時代の中ごろのことです。
室町幕府の6代将軍・足利義教(あしかがよしのり)が暗殺されて以降、幕府の権威は落ちて行き、代わりに被支配者が力をつけてのし上がる時代となりました。力ある者が勝つ弱肉強食の世では、頂点に立つ者が蹴落とされ、蹴落とした者が再度薙ぎ払われるのが習わし。
足利将軍家の権力は名ばかりとなり、代わりに細川氏が権勢を奮います。しかしそれも長く続かず、細川氏に服属していたはずの三好氏が台頭。
このように権力の移動がめまぐるしく生じる時代に、官兵衛は生まれたのです。

ちょうどそのころ…
現在の川越城天文15年(1546年)

河越夜戦

かわごえよいくさ
北条軍と上杉・足利連合軍による武蔵国の河越城(埼玉県川越市)付近での戦闘。北条軍が勝利し、関東南西部で勢力圏を拡大しました
写真は現在の川越城本丸御殿

 黒田家のおこり

官兵衛が生まれた黒田家は、元をたどれば平安時代初期の宇多天皇に遡ります。宇多天皇の第八皇子であった敦実親王(あつざねしんのう)の三男・源雅信(みなもとのまさざね)より宇多源氏に。そして平安中期の成頼(なりより)のころ、近江国佐々木(滋賀県近江八幡市安土町)を領地としたことから佐々木氏を名乗るようになります。

鎌倉時代後期になり宗満(むねみつ)は近江国黒田(滋賀県長浜市木之本町)に移り住みます。これよりこの地の名を取ってようやく黒田氏が始まったのです。
現在でも長浜市の黒田地区には、黒田家の始祖である宗満を祀る御廟所があります。

黒田家御廟所
▲黒田家御廟所(滋賀県長浜市木之本町黒田727)

 黒田高政、備前へ

宗満の孫にあたる高政(たかまさ)は、永正8年(1511年)に室町幕府の政権争いである船岡山合戦(ふなおかやまがっせん)に参戦しました。しかし軍令に背いて功名を立てようと抜け駆けしたために、10代将軍・足利義稙(あしかがよしたね)の怒りを買ってしまいます。
高政のいわば上司にあたる近江守護・六角高頼(ろっかくたかより)がとりなしてくれたのですが、何もお咎めなしというわけにもいかず、結局高政は近江を追われる身となってしまったのでした。

やむをえず近江から離れた高政は、同族の加地(かじ)氏や飽浦(あきうら)氏が備前国(岡山県)に住んでいることから、そのつてで備前福岡(岡山県瀬戸内市長船町)に子・重隆(しげたか)と身を寄せました。
瀬戸内市の妙興寺(みょうこうじ)には高政の墓と重隆の供養塔と伝わる石塔が立っています。

妙興寺
▲妙興寺(岡山県瀬戸内市長船町福岡684)

 黒田重隆、姫路へ

備前福岡は中世後期には守護所が置かれ、高政が移ったころには備前随一の賑わいを見せる町になっていました。
一遍上人絵伝 福岡の市」にもその繁栄が描かれています。

その地で重隆の子・職隆(もとたか)が生まれます。職隆は官兵衛の父。
備前福岡ではなかなか一旗あげることができなかった重隆は、息子ともども隣の播磨国(兵庫県)姫路へ移り住むことにしました。

一遍上人絵伝 福岡の市
▲一遍上人絵伝 福岡の市

そのころの播磨の守護職は赤松氏。しかし内紛や下剋上などで疲弊していた赤松氏の権威は失墜しており、播磨錯乱と揶揄される状況に陥っていたのです。
これぞ立身出世のチャンスだと重隆は考えたのでしょう。

姫路にやってきた重隆が向かった先は廣峯神社(ひろみねじんじゃ)でした。JR姫路駅から北へ5kmほどの場所の広嶺山にある神社で、ここで重隆は神主と遭います。この神社には伝道者である御師(おし)と呼ばれる人が大勢おり、お札を配り歩いて布教をしていました。しかしお札だけ配るよりも、なにか付加価値をつけて配ったほうが良いだろうとのことで、重隆は相談を受けたのです。

決断!

重隆が出した答えとは?

クリックで正解を表示
正解 目薬を売る

お札を配りつつ、目薬を売るという重隆のアイデア。それは御師たちに快く受け入れられました。目薬は黒田家家伝の玲珠膏(れいしゅこう)と呼ばれるもので、その売り上げは当然に重隆のもとにも入ってきました。しかもかなりの売り上げを得ることができたのです。
さらに重隆は利益を貸し付けて金利を得る金貸しの業務も手掛け、ますます力を付けて行きました。

財をなした重隆。息子の職隆もまた立身出世を志し、意外な策に出ます…

続きを読む
▼官兵衛ゆかりの地のキャラクターたち キャラクター紹介

画像引用:wikipedia/Ocdp様(http://ja.wikipedia.org/wiki/
%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Kawagoejou.jpg)、
長浜・米原・奥びわ湖観光サイト様(http://kitabiwako.jp/photo_library/)、
公益社団法人 岡山県観光連盟様(http://www.okayama-kanko.jp/)