単身で有岡城に乗り込んだ官兵衛は、荒木村重と小寺政職の罠にかかってしまい万事休す!

官兵衛、荒木村重に幽閉される

 官兵衛、囚われの身となる

天正6年(1578年)10月。主君・小寺政職の翻意を覆すため、官兵衛は有岡城主・荒木村重を訪ねて説得を試みようとします。
しかし、それこそが官兵衛を陥れる罠でした。政職は手をまわし、村重に官兵衛の殺害を依頼していたのです。

有岡城に到着した官兵衛はすぐに村重の兵に捕縛され、そのまま牢に閉じ込められてしまいました。
政職の依頼どおり官兵衛は殺害されるのかと思いきや、旧交のあった官兵衛の命までもを取ろうとはさすがに村重も思わなかったのでしょう。命だけは助かりましたが、それでも何もない不衛生な牢での幽閉生活を、官兵衛は長らく強いられることになるのです。

有岡城跡
▲有岡城跡史跡公園(兵庫県伊丹市伊丹1)

かたや姫路の黒田家では、官兵衛がいつまで経っても戻ってこないことで大騒ぎになっていました。村重に捕えられたのか、もしや殺されたのかもしれない…
主無き家を守るため、官兵衛に家督を譲って隠居していた父・職隆が家長に復帰して、動揺する家内をまとめます。

家内には官兵衛救出のために村重と手を結ぶべきだとの声も上がりましたが、村重と和睦するということはイコール毛利輝元側につくということ。信長を裏切ることになってしまい、それは不義であるとして職隆はその意見を蹴りました。一度信長につくと決めた以上、覆すことはならないとしたのです。

もちろん信長に官兵衛の息子・長政(松寿丸)を人質に出していたので、輝元側に寝返れば長政の命はないということも大きく関係していました。

 竹中半兵衛、長政を救う

有岡城から官兵衛が戻らないという話は、信長の耳にも入っていました。村重を説得するはずが、ミイラ取りがミイラになってしまったかと、信長は官兵衛が自身を裏切ったと断定します。
職隆を呼び出して尋問し、職隆は信長を裏切ることなどありえないと弁明しましたが、信長は納得しません。

11月、石山合戦に進展がありました。再度木津川に姿を見せた毛利水軍と織田水軍との戦いにおいて、鉄甲船で武装した織田水軍が大筒や大鉄砲で集中砲火を浴びせ、勝利を治めたのです(第二次木津川口の戦い)。
これで輝元から石山本願寺への食糧・兵器の補給路を断つことができ、信長に余力ができました。

信長は兵を摂津国へ向かわせ、まずは周辺からの切り崩しに茨木城を攻略。またイタリア人宣教師グネッキ・ソルディ・オルガンティノ(Gnecchi‐Soldo Organtino)を通じて、高槻城主の高山右近の説得を開始します。右近は村重に人質を出していたので、人質さえ取り戻せれば、信長側に寝返ってもよいと考えます。また、城下のキリシタンが信長によって迫害されることも危惧しました。
結果的に、右近は剃髪して領地を返上することで信長への恭順の意を表明し、信長もそれを受け入れました。

高山右近像
▲高山右近像(大阪府高槻市城内町3)

次いで茨木城の中川清秀も降伏したため、勢いに乗った信長は有岡城を攻め立てました。
12月、鉄砲隊で総攻撃をかけた信長軍でしたが、有岡城は強固でなかなか落ちません。

戦況が好転しないのは、もしや城内にいる官兵衛が裏で糸を引いているのか…
そう考えた信長。人質として秀吉に預けられている長政の首を斬れと秀吉に命じたのです。

信長の命令とはいえ、さすがにこれには秀吉も困ってしまいます。官兵衛が信長を裏切ったと断定する証拠は何もありません。
仮に長政を殺害してしまったあとで官兵衛の無実が明らかになったら取り返しがつかないではないか…

秀吉から仔細を任された竹中半兵衛は信長に謁見し、長政を殺害すると黒田家が反発して播磨が輝元側に寝返り、中国地方平定は困難になると説きました。それでも信長の意志は変わりません。
そこで半兵衛は一計を案じます。

信長には人質殺害を許諾しておきながら、長浜城にいた長政をこっそり連れ出して、自身の領地である美濃国(岐阜県)菩提山城(ぼだいやまじょう)に匿うことにしたのでした。
そして信長のもとには他の死んだ子の首を持参し、長政を処刑したかのように見せかけたのです。
長政の処刑の噂は、村重を通じて官兵衛の耳にも入ってきました。囚われの身になってしまった上に最愛の息子さえ殺されたと知り絶望する官兵衛。


▲長浜城(紫色ピン)と菩提山城(赤色ピン)の位置

春。希望を失った牢の官兵衛はだんだん衰弱していくばかりでした。それでも明かり取りの窓から見える藤の花の美しさに、官兵衛はかろうじて生きる希望を見出していたのです。

獄中で弱りゆく官兵衛。彼を救ったのは…?

続きを読む

画像引用:兵庫県立歴史博物館様(http://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/historystation/)