信長の後継者選びの清洲会議を受けて賤ヶ岳の戦いへなだれ込む

清洲会議と賤ヶ岳の戦い

 清洲会議に臨む官兵衛

天正10年(1582年)6月27日。光秀討伐完了により、信長の後継者を選ぶ会議が開かれました。場所は尾張国(愛知県)清洲城(きよすじょう)です。
官兵衛は秀吉の供として清洲城入りします。清洲会議には秀吉のほか、柴田勝家丹羽長秀(にわながひで)池田恒興が参加しました。

その会議の席で、柴田勝家は信長の後継者として、信長の三男であった信孝を推します。
一方、秀吉は信長の孫であるわずか3歳の秀信(ひでのぶ)を推挙。3歳児に家督相続させるという無茶振りな提案ながら、信長の嫡孫であり、養子に出てしまった信孝よりも相続の正当性があると説いたのです。

光秀討伐の功績により、会議は秀吉に有利に運びました。丹羽長秀や池田恒興も秀吉に味方し、見事、秀信が家督相続します。
また、領地の配分についても、勝家は秀吉領だった長浜城と北近江3郡を譲り受けましたが、山城国(京都府南部)を配分された秀吉はさらに播磨国・河内国・丹波国をも抱え、石高で勝家を凌ぐ筆頭の重臣と成長しました。

清洲城
▲現在の清洲城(愛知県清須市朝日城屋敷1-1)

面白くないのは勝家です。これまで筆頭の重臣であったものが、北陸戦線でも反りが合わなかった秀吉にその座を奪われ、信孝の家督相続にも失敗して織田家への影響力の低下は免れなくなったわけですから。
勝家は秀吉の仲介で信長の妹であったお市の方(おいちのかた)と結婚しますが、その程度のことでは鬱憤を抑えられません。

ちなみにこの年、官兵衛の妻・光は男子を出産します。熊之助(くまのすけ)と命名されました。

 賤ヶ岳の戦い

清洲会議ののち、秀吉は信長の葬儀を自ら取り仕切って挙行しました。それがますます癇に障ったのでしょう、勝家は敵愾心を強め、双方ともに周辺大名の取り囲みを行います。

季節は巡り、冬が近づいてきました。勝家は突如、加賀藩(石川県)前田利家(まえだとしいえ)たちを秀吉のもとに派遣し、和議を結びます。これは勝家の心変わりから来るものではありません。秀吉をしばらくの間大人しくさせておくための方便だったのです。
そのワケとは、冬の間の積雪。
勝家の居城・北ノ庄城(きたのしょうじょう・福井県福井市)は、雪が積もると出兵が困難になります。春になって容易に兵を出せる時季になってから秀吉と対峙すればよい。勝家はそう考えていました。

しかし、秀吉はそんなに甘い男ではなく、勝家が兵を出せない冬こそが出兵のチャンスだと判っていたのです。
和議を結んだふりをして、雪が積もった12月にあっさり和睦を破棄。秀吉の元の居城であった長浜城に攻め込みました。城主は勝家の甥である柴田勝豊(しばたかつとよ)でしたが調略され、降伏して秀吉側に寝返ります。

続いて秀吉は岐阜城を攻め、信孝も降伏させました。

前田利家
▲前田利家像

その間、ただ地団太を踏むだけであった勝家でしたが、雪解けの春なってようやく行動を開始します。
天正11年(1583年)3月、近江国柳ヶ瀬(滋賀県長浜市余呉町柳ヶ瀬)に到着した勝家軍は、その数3万の軍勢。けれども6日後にはその倍近い兵数の秀吉軍が木之本(滋賀県長浜市木之本町木之本)に布陣してきました。

しばらくにらみ合いが続き、戦況が動く気配はありません。ならば、と長浜城に戻った秀吉でしたが、そこに厄介な報せが飛び込んできました。岐阜城の信孝が再度挙兵したというのです。
やむを得ず秀吉は軍勢の一部を率いて岐阜へ向かいました。数で圧倒していた秀吉軍の力が削がれていることを知った勝家は、好機とばかりに猛攻をかけてきます。

その折に中川清秀が討ち死にし、高山右近の軍勢も退却してしまいますが、官兵衛の軍がなんとか防戦を続けました。そこへ丹羽長秀の援軍が琵琶湖から加わり、混戦模様となります。


▲賤ヶ岳の戦いのあった余呉湖周辺(黄色ピンは中川清秀討死の位置)

この激戦の中、官兵衛は同じく出陣している息子・長政の無事が気に懸かっていました。家臣・栗山善助に命じ、長政の身柄を確保して安全な場所へ逃がすよう言いつけます。善助は耳を疑いますが、官兵衛が強く命令するため、やむを得ず長政とともに戦地を脱出しました。

ところが少し進んだところで不審に思った長政が、善助を問い質したのです。善助は事情を説明しますが、長政は官兵衛がそんなことを言うはずがない、敵前逃亡などありえぬと主張。すぐに引き返したという話が残っています。
その姿勢に善助はさすが官兵衛の嫡男だと感涙し、冷静で公私混同をしない官兵衛の思わぬところで見せた人間らしさに、のちに話を聞いた秀吉も笑みを浮かべたのだとか。

さて肝心の戦況ですが、依然厳しいままでした。
それが岐阜の秀吉の耳にも届き、こりゃいかんと信孝討伐軍を木之本に戻す秀吉。50km以上の距離をわずか5時間ほどで戻り、あっという間に戦線に返り咲きました(美濃返し)。
この後も激しい戦闘が続きましたが、突如として勝家軍の前田利家が戦線離脱。それを皮切りに勝家軍はボロボロになり、退却を余儀なくされます。

居城である北ノ庄城へ戻った勝家でしたが、まもなく前田利家が先鋒を務める秀吉軍に城を包囲され、お市の方とともに自刃。
また、再挙兵した信孝も後ろ盾である勝家の死を受け、信長の次男・織田信雄(おだのぶかつ)に岐阜城を包囲されて降伏し、自害しています。

この賤ヶ岳の戦い(しずがたけのたたかい)の勝利により、信長の後継は秀吉であるとの認知が一層進みました。

 官兵衛、大坂城築城に着手する

勝家の死で北方の脅威が無くなった秀吉は、かねてからペンディングになっていた毛利輝元との国境線の画定を官兵衛に命じました。
一旦は「備中・美作・伯耆の計3カ国の割譲と宗治の切腹」で纏まっていた和睦条件でしたが、輝元側が備中国と伯耆国は双方で分け合いたいと条件を吊り上げていたのです。

しかし、波に乗る秀吉はそんな条件を呑むはずがなく、小早川隆景に対して自ら備中へ攻め入ると書状を送り、官兵衛を派遣しました。

同時に秀吉は天下人に相応しい城の築城を官兵衛に命じます。大坂城です。
信長と石山合戦で戦いを繰り広げた石山本願寺のあった場所に、秀吉は巨城を造ろうとしたのです。
官兵衛は本丸が完成する天正13年(1585年)4月までの1年半、大坂城普請総奉行を務めました。

豊臣時代大坂城本丸指図
▲豊臣時代大坂城本丸指図

大坂城築城開始の翌月である天正11年(1583年)10月、官兵衛は賤ヶ岳の戦いの禄として播磨国揖東郡に1,000石を加禄され、計2万1,000石となります。
同じく長政も河内国に450石の領地を初めて与えられました。
長政はともかく官兵衛のこれまでの働きを見ると、今回わずか1,000石の加禄というのは、やや少なすぎる気がしませんか?

ただ、賤ヶ岳の戦いで特に武功を挙げた7名を賤ヶ岳の七本槍(しずがたけのしちほんやり)と称し、筆頭で5,000石、少ない者で3,000石を受領していることを見ると、極端に少ないというわけでもなさそうです。
しかし、備中高松城攻めや山崎の戦いなど官兵衛の数々の戦功の対価がわずか1,000石かと考えれば、やはりこれは官兵衛にとって不満の種となりえる評価かもしれません。

秀吉の天下統一は確実かと思われた矢先に…

続きを読む

画像引用:清須市産業課様(http://www.city.kiyosu.aichi.jp/
shisetsu_annai/kanko_shisetsu_sonota/kiyosujo.html)