英賀合戦で大軍の毛利軍相手に官兵衛が取った奇策とは?

官兵衛、英賀合戦で毛利軍と戦う

 信長と石山本願寺の争い

信長への謁見を受けて、官兵衛はその足で播磨へ戻り、周辺豪族たちへの説得工作に走りはじめました。織田か毛利か、どちらにつくべきか迷っていた播磨の小大名たちは、官兵衛の説得により、次々に織田側につくことを表明します。

そして主君である小寺政職にも、赤松政秀の子である広秀(のちの斎村政広(さいむらまさひろ))、別所長治らと揃って信長に京で謁見させるのでした。

官兵衛の働きによって着々と信長の支配下に収まっていく播磨。しかし毛利側もそれを黙って見ていたわけではありません。

天正4年(1576年)、信長によって京都を追放された将軍・足利義昭は、いくつかの地を転々としたあと、毛利輝元の勢力下であった備後国(広島県)の鞆(とも)に移ります。鞆幕府と呼ばれたこの状況で、義昭はかつてから所持していた利権を元手に潤沢な生活と政治を続けました。そして義昭は信長追討の命を出し、義昭を支持する大名たちに発破をかけるのです。

鞆の浦
▲義昭が移った鞆の浦(広島県福山市鞆町鞆)

毛利側に立ったのは義昭だけではありません。
大坂(大阪)の上町台地にあった浄土真宗の本山である石山本願寺(いしやまほんがんじ)もまた、信長の支配下となった摂津の地において金銭と所領の明け渡しを求められ、金銭は支払ったものの、寺の明け渡しに関しては信長に大きく抵抗していました。

石山本願寺は全国の門徒に徹底抗戦を訴え、各地で信長との衝突を引き起こします。石山本願寺自身も城郭のように堅固な寺内に籠って籠城戦に突入。対する信長は兵糧攻めに打って出たのでした。この戦いは10年にも及び、石山合戦(いしやまがっせん)と呼ばれています。

石山合戦図
▲石山合戦図(和歌山市立博物館蔵)

兵糧攻めに対抗するには食糧などの物資を補給し続けることしかありません。毛利輝元は海上ルートで武器や食糧の補給を図ります。織田軍がそれを阻もうと200艘の船で迎撃しますが、それを大きく上回る毛利軍の船隊と、焙烙玉(ほうろくだま)・焙烙火矢といった兵器が功を奏し、織田軍を圧倒。
結果、量で勝る毛利軍が勝利し、物資の補給は成功、となりました。(第一次木津川口の戦い

ちょうどそのころ…
安土城跡 天正4年(1576年)

安土城築城

あづちじょうちくじょう

信長は居城の岐阜城よりも京に近く、北陸への通り道でもある安土(滋賀県近江八幡市)の地に「越前・加賀の一向一揆に備えるため」などの理由で、築城を開始しました

写真は安土城跡大手道

 官兵衛、英賀合戦に臨む

毛利軍の矛先は当然、官兵衛にも向けられました。
天正5年(1577年)、輝元は毛利一門の小早川家に仕えていた乃美宗勝(のみむねかつ)を海路で姫路へ向かわせます。
5,000騎を誇る軍勢の来襲に対して、迎え撃つ官兵衛はわずか500騎。主君の小寺政職は狼狽しますが、官兵衛には秘策がありました。

決断!

官兵衛はどのような策を講じた?

クリックで正解を表示
正解 農民に旗を持たせて隠れさせた

姫路城の南西の先にある英賀(あが)の海岸にやってきた毛利軍の船隊。5,000もの兵士ですから、1艘というわけには当然いかず数多くの船に分乗して襲来しました。
それはつまり、一度に5,000人が上陸するのではなく、数十人ずつが次々に上陸するということになります。
官兵衛はそれを逆手に取り、500騎という少数ながらも奇襲によって上陸する敵軍を次々に倒していきました。

さらに官兵衛は海岸の後方で、近隣の住民に大きな旗をいくつも持たせて待機させます。それを見て、官兵衛の軍勢の奥にはもしや大量の援軍が控えているのでは?と疑心暗鬼になった毛利軍。あれよあれよの間に戦意喪失した挙句、退却してしまうのでした。

この英賀合戦(あがかっせん)での見事な大勝利は摂津の有岡城(ありおかじょう・伊丹城)主であった荒木村重(あらきむらしげ)により、信長に伝えられます。信長は感謝の書状を村重を経由して官兵衛に贈呈し、官兵衛もまた村重の行為に感謝したのだそうです。

英賀合戦の勝利で勢いづいた官兵衛でしたが、そこに信長から突き付けられた要求とは…

続きを読む

画像引用:社団法人広島県観光連盟様(http://www.kankou.pref.hiroshima.jp/
photo/)、wikipedia/Maakun様(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3% 83%
95% E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Azuchi.jpg)